2012年6月~7月 2012年8月~9月 2012年10月~11月 2012年12月 
2013年1月~2月  2013年3月~4月 2013年5月~6月 2013年7月~8月
2013年9月~10月 2013年11月~12月 2014年1月~2月 2014年3月~4月
2014年5月~6月 2014年7月~8月  2014年9月~10月  2014年11月~12月 
2015年1月~2月 2015年3月~4月 2015年5月~6月 2015年7月~8月 
2015年9月~10月  2015年11月~12月  2016年1月~2月  2016年3月~4月 
2016年5月~6月  2016年7月~8月  2016年9月~10月  2016年11月~12月 
2017年1月~2月 2017年3月~4月  2017年5月~6月 2017年7月~8月 
2017年9月~10月  2017年11月~12月  2018年1月~2月  2018年3月~4月 
2018年5月~6月  2018年7月~8月 2018年9月~10月  2018年11月~12月 
2019年1月~2月  2019年3月~4月  2019年5月~6月  2019年7月~8月




2019年7月6日(土)

7月5日、東京新聞、28面・29面、“ こちら特報部 ” より

「 選挙で傲慢ポリティシャン退場を 」



                                             記 : 7月6日




2019年7月12日(金)

映画 “ 新聞記者 ”

東京新聞 社会部記者 望月衣塑子氏著 : 「 新聞記者 」 原案の映画
“ 新聞記者 ” を見てきました。

フィクションとは言え実際起こっている ( または起こった ) ファクトを想起させる場面がいくつか盛り込まれ、どうしても現実の事案と比較してしまう、そんな映画だった。

前半は主人公の新聞記者と内調官僚との関係及び取り巻き役の立ち位置を解説する場面が多く、どちらかと言うと淡々と話が進んでいくのだが、それに比べ後半の進行は流れもスピード感もいきなりアクセル・オン状態となったように感じられるほど緊迫感が増し、それなりに見ごたえある作品だった。
個人として一番のクライマックスは、終盤、内閣参事官・多田の 「 この国の民主主義は形だけでいい 」 と吐き捨てるように言った場面。
今でもまるで実際の事のように頭の中で反響している。

中身が空の民主主義、この国の現実の一端を言い得ているようだ、が、反面本当にそんなことになってたまるか!と、強く思う

新聞記者パンフレット表紙より ( 加工済み )  

                                              記 : 7月12日




2019年7月20日(土)

今日のひとり言

「 21日は投票に行こう! 」



                                             記 : 7月20日




2019年7月23日(火)

東京新聞、7月22日夕刊1面より

「 改憲勢力3分の2届かず 」



                                             記 : 7月23日






ページトップへ

ARTICLE TO BE WORRIED ABOUT 44
Copyright IDEAKONA. All Rights Reserved