2012年6月~7月 2012年8月~9月 2012年10月~11月 2012年12月 
2013年1月~2月  2013年3月~4月 2013年5月~6月 2013年7月~8月
2013年9月~10月 2013年11月~12月 2014年1月~2月 2014年3月~4月
2014年5月~6月 2014年7月~8月  2014年9月~10月  2014年11月~12月 
2015年1月~2月 2015年3月~4月 2015年5月~6月 2015年7月~8月 
2015年9月~10月  2015年11月~12月  2016年1月~2月  2016年3月~4月 
2016年5月~6月  2016年7月~8月  2016年9月~10月  2016年11月~12月 
2017年1月~2月 2017年3月~4月  2017年5月~6月   




2016年9月10日(土)

2016年4月16日日本経済新聞電子版によると、フランスのヴェオリア社が日本で、低線量放射性廃棄物処理事業を始めるという記事が掲載されています。      ( 以下 )


この記事内容が呼応する訳ではないと思いたいが、以下の環境省が始めた事と重ね合わせると、とても怖い事がこの日本で始まろうとしているようです。

以前RT ( ロシア・トゥデイ ) がドローン撮影したフレコンバッグの山また山 ( 注:参照してください ) を見て恐怖を感じましたが、何と今度は8000ベクレル/kg以下の放射性廃棄物 ( セシウム137 ) を、事も有ろうに環境省が普通ゴミとして日本全国の公共事業などで使用することを粛々と進めているのです。(注: YouTubeにリンクを貼ると)

大手メディアのだんまりのせいも有り、また無関心層が多い為か、今まで放射能管理区域 ( X線室など ) で扱われていた放射性物質より80倍も高濃度の物質が、否応なしにあなたの通う通勤路・通学路、堤防 ( 防潮堤 ) などの下に埋め込まれてしまうかも知れないのです。

因みにこの放射性物質の放射能が鎮まるのには170年もかかってしまい、その間は放射線を出し続ける事となるわけです。

もう幾度となく言われているように、この国は地震・火山大国であり、今はその活動期に有るということです。また台風被害も毎年増え続ける傾向に有り、土砂災害や堤防決壊も毎年どこかで必ずと言っていいほど起きていて被害に会われた人々がかなりの数に上っているという事実があります。

つまり、いつ何時地震や洪水などの天変地異や埋設する配管特にガス管、水道管あるいは下水管破断などでその道路表面を放射線から防護しているとされるコンクリートや土砂などのウワ物が押し流され、吹き飛び、埋められていた放射性廃棄物が一気に露わになるかも知れません。

大いなる皮肉としか思えないことがこの環境省の方策にまるで相乗りするかのようなヴェオリア社による低線量放射性廃棄物処理です。それも世界の廃炉原発から出る廃棄物までも日本に持ち込み、欧州などでは決して許されない8000ベクレル/kg以下の廃棄物の処理 ( 普通ゴミとして公共事業に利用など ) をしようとするかのように思えてしまいます。

日本はいつから世界の放射性廃棄物のゴミ捨て場となったのでしようか。
いったいこの事実をどれほどの国民が承知しているのでしょうか?
環境省はこの施策を我々国民に周知するために、どれほどの努力をしているのでしようか。
環境省だけじゃない、この動きを認可している現政権の周知徹底努力がどれほどのものか、今のところまったくと言ってよいほど見えていません。
それとも、日本人は福島第一原発事故以来、放射線耐性が80倍になったとでも言うのでしょうか。
疑問符だらけです?????・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      こんな人権無視、欧米並みの民主国家では、
          まず有りえないでしょう!!!


● 以下は 『 福島原発事故の真実と放射能被害 』 のサイトです。                                      http://www.sting-wl.com/20160608.html


                                              記 : 9月10日



2016年9月16日(金)

現在開催されているリオ・パラリンピック、この18日 ( 日 ) が閉会式となる予定です。
小池都知事はオリンピック閉会式同様、フラッグ・ハンドオーバーに出席するため昨日 “ 土管 ” ?ではなく航空機で出発した、とニュースが伝えていました。

その東京都では、てんやわんや状態の築地市場移転問題。
いったい誰が、いつ、どこで、どうやって、盛土施工法を変え地下空間としてしまったのだろう?などと。
いまやその犯人探しで大手メディアがてんやわんや!?

フクイチ放射能で日本の “ 食の安全 ” が揺らぎ続けている上、さらに土壌汚染による問題が降りかかっては大変と考えてのことだろう。オリンピック道路計画も絡んで上を下への大騒ぎと言ったところです。


ところで、またぞろですが、連日テレビを筆頭に大手メディアは “ 築地問題 ” を嫌というほど取り上げ、他の重要問題、例えば 

    ・ 沖縄・高江ヘリパッド造成に自衛隊ヘリを導入した案件 → 法的根拠なし、
    ・ 福島の健康調査問題、
    ・ PKO派遣地等におけるいわゆる “ 駆け付け警護 ” 実施に向けた政権の動き、
    ・ フクイチ事故補償に絡んだ国による ( つまりは国民負担による ) 東電過剰庇護問題、
      
       ●
は、政権が新たにフクイチ廃炉費用等として進めようとしているのが、
        なんと8.3兆円!!

         これすべて私たち国民負担です。さらに今後足りない場合は法改悪してまで、
        すべて配線使用料金 ( 電気料金 ) に上乗せ、つまりは国民負担ですよ。
        
せっかく買電自由化になり各社いかに料金を減額するか必死に取り組んでいる最中、
        これではその努力が徒労に帰してしまいかねないのです。


等々・・・政権に都合の悪い重要案件 ( 本来はメディアの突っ込みどころ ) には目と耳そして口を閉ざしている状態です。

そんな中、日本の文化が大好きで日本に帰化したドナルド・キーン氏が、東京新聞、9月4日朝刊一面の 『 ドナルド・キーンの東京下町日記 』 の中で、このような日本のメディアの情けない状態を痛烈に批判しています。 (以下)



キーン氏の意見に対し、自分たちは違うと表明できるメディアは、権力寄りの大手メディアに限らず少ないのが今の日本の現実。なさけない事この上ない、だけでなく非常に危ない状況がこの国で醸成されていると言わざるを得ない。

と書いている最中、
翁長知事 ( 沖縄県側 ) が行った前知事の辺野古埋め立て承認の取り消しをめぐり、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で判決が言い渡された、と言うニュースが飛び込んできた。
多見谷裁判長は、国の請求を認め、県の承認取り消しを取り消すよう求めた国の 「 是正の指示 」 に従わないことは違法、だとした、と言うことです。 

今後この裁判長の寄って立つところを調べてみたいと思います。
三権分立が未熟なこの国では、裁判官など司法を司る官吏も概して体制寄りと思われる人間がいるのも事実、高度に政治性を帯びた案件には統治行為論を持ち出し判断しない、などという逃げの手が打てる司法は、とても国民に恥じない判断が出来るとは思えないのです。

さらに沖縄県民大多数が反対する民意を無視する司法判断は民主主義国で行われる司法とはとても言えないものと考えます。



     PS  : 多見谷寿郎という人物について論評している記事が昨年12月に
     “ PRESIDENT Online : ( BLOGOS ) ” に掲載されていました。
     予想通りの人物でした。

こちらから読んでいただければ、と思います


                                              記 : 9月16日



2016年9月28日(水)

● 今日の独り言


ここのところネット上に登場しない日が無いほどポピュラーになった“日本会議 ( にっぽんかいぎ ) ”。
解説本も何冊か出版され、その内容を知る人がどんどん増えているようです。

何せこの会議、昨日今日出来たぽっと出の組織ではないので、成り立ち構成が相当複雑なようです。
出来れば複数冊読み比べてその実態に迫るのも良いかも知れません。

ところで話はいきなり飛びますが、この日本会議について、ふとこんな事が頭を過ぎりました。

『 ある日家で過ごしていた主人公が、外へ出ると周囲の人々が見上げる空に大嵐の予兆が!
その内稲妻がそれも尋常ではない規模で鳴り響くのを目の当たりにし、大慌てで逃げまどう 』
ところからスト―リが始まったように記憶しています。

そうです、この物語は、あのHGウェルズが19世紀末に書きあげた“ 宇宙戦争 ”、
それもアレンジされたスピルバーグ版 ( 2005年スビルバーグ監督作品 ) の情景です。


大昔から人知れず地中深く潜んでいた不気味なマシーン。
時が満ち、嵐と共にやってきた何者かが、人間の血を吸い取るため侵略してきたのです。
それも一地域ではなく全地球的規模で。
エイリアンは稲妻とともに地中のマシーンに乗りこみ、おぞましいトライポッドとしてその姿を現す事となるのですが・・・・・。


人々が知らない内に緻密に計画が練られ、いつの間にか日本全国に広まっている

今の “ にっぽんかいぎ ” にイメージが重なってしまったのです。


件のエイリアンは終には駆逐されるのですが、この会議は、どうなのでしょうか。


                                              記 : 9月28日


PDF

ページトップへ

ARTICLE TO BE WORRIED ABOUT 27
Copyright IDEAKONA. All Rights Reserved