2012年6月~7月 2012年8月~9月 2012年10月~11月 2012年12月 
2013年1月~2月  2013年3月~4月 2013年5月~6月 2013年7月~8月
2013年9月~10月 2013年11月~12月 2014年1月~2月 2014年3月~4月
2014年5月~6月 2014年7月~8月  2014年9月~10月  2014年11月~12月 
2015年1月~2月 2015年3月~4月 2015年5月~6月 2015年7月~8月 
2015年9月~10月  2015年11月~12月  2016年1月~2月  2016年3月~4月 
2016年5月~6月  2016年7月~8月  2016年9月~10月  2016年11月~12月 
2017年1月~2月 2017年3月~4月  2017年5月~6月 2017年7月~8月 




2017年7月4日(火)

2017年7月2日 ( 日 ) に行われた4年ぶりの東京都議会議員選挙、行ってきました。

投票した時間はいつもよりやや遅く、午後4時ごろ。

投票所内の白板にはいつものことながら1時間おきの投票所管轄区域の投票率が掲げられています。少しだけ遅く行ったとはいえ4時ごろの投票率が30数%、過去の状況から見ても7~9%ほど良い数値が書かれていました。なので投票率の上昇にほんの少しだけ期待を寄せながら帰宅したのでした。

午後8時の締め切り時間が過ぎ、午後11時頃になってこの日思った事をFacebookに上げるため下のコメント画像を作って投稿しました。


           最終投票率は51%強
前回がひどかったため多少は伸びたものの、半分の人々は見事にスル―したという結果が示されました。

一地方の東京都とは言え国政に影響を与えないわけが無いこの選挙に有権者の半数が参加しないという現実が何を意味するのか。
一応都民の端くれとしてとても残念に思うし、今後は投票率アップのため自分に何が出来るか真剣に考えなければならないとも思っています。
国民多くが何もしなければ、いつまで経っても有権者総数のたった20%前後の組織票とやらに牛耳られ、本当の民意が都政にも、国政にも反映されずに流されて行ってしまいかねません。

以前から続いている政権の一連のごたごたを見ても、与党とりわけ自民党が惹起する傍若無人さ、無謀さが際立っているわけで、安倍首相本人の身勝手な情念政治と相まって立憲主義、民主主義が否定されるような最悪の環境が作られてしまう事は断じて許すわけにいかないと思います。

この欄の中で何回か述べていますが、
選挙には積極的に参加して投票しましょうよ、みなさん!

いつまでも組織票に左右されるような選挙が続いて良いわけがありません。              
( 因みに私は選管関係者ではありません、念のため )



( 上掲画像中に小池氏が自民党を離党していないと書いてありますが、
昨日3日離党したもようです。さらに都民ファースト代表までも辞任したというのです。小池さんに惚れてこの党に入れた人々はどうすればいいのでしょうね?

一方で、なにやら
このグループの本性が見え隠れする動きが顕在化しています。
それは2012年都議会で
「 日本国憲法は無効で大日本帝国憲法が現存する 」 との請願に賛成した野田というメンバーがこのグループ代表となるようです。きっと自民亜流の本領 ( 偏向した極右志向? ) を発揮していくこととなるのでしょう!? )

詳細は " Huffington Post " に掲載されていますのでご覧ください。

                                              記 : 7月4日



2017年7月10日(月)

こんなおじさん、おばさんたちに、負けるわけにはいかないんです。


上の図に入れたい政権側議員などが数多いるが、今日はこのくらいで勘弁してやろう !?

えーと、たとえば、
しどろもどろ法務大臣、「 落すなら落してみろ 」 幹事長、やみ献金疑惑元文科相現幹事長代行、不倫、暴言議員たち、保身のらりくらり官僚たち、などなどなど・・・、

                                              記 : 7月10日




ページトップへ

ARTICLE TO BE WORRIED ABOUT 32
Copyright IDEAKONA. All Rights Reserved