2012年6月~7月 2012年8月~9月 2012年10月~11月 2012年12月 
2013年1月~2月  2013年3月~4月 2013年5月~6月 2013年7月~8月
2013年9月~10月 2013年11月~12月 2014年1月~2月 2014年3月~4月
2014年5月~6月 2014年7月~8月  2014年9月~10月  2014年11月~12月 
2015年1月~2月 2015年3月~4月 2015年5月~6月 2015年7月~8月 
2015年9月~10月  2015年11月~12月  2016年1月~2月  2016年3月~4月 
2016年5月~6月  2016年7月~8月  2016年9月~10月  2016年11月~12月 
2017年1月~2月 2017年3月~4月  2017年5月~6月 2017年7月~8月 
2017年9月~10月       




2017年5月2日(火)

以下は2017年4月30日にNHKスペシャルで放送された
       『 憲法70年、“ 平和国家 ” はこうして生まれた 』 のイマージュです。



日本国憲法は巷に流布されているように連合国側から押し付けられたものでは決してない、
日本人自らが平和国家樹立の為に努力して創ったものだという事がとてもよくわかる番組になっています。
ぜひ一度ご覧になってください。

どのようにして平和国家が生まれたか、また平和がいかに大切なものであるか、理解できます。

明日5月3日、0時10分から60分間再放送されます。

ゴールデン・ウィークの一晩をこの放送を見る為に使っていただけたら幸いです。

                                              記 : 5月2日



2017年5月18日(木)

2017年、SUMMER、Tシャツ・コレクション

今年の夏も例年に違わず暑いのでは?
そこでこんなTシャツはいかがでしょう。 以下には “ Women's ” しか載せていませんが、
当然 “ Men's ” もあります。

 
 
     
ロゴタイプ・マーク部分
 

( ● 残念ながらTシャツの制作は今のところ未定です。悪しからず!)

                                              記 : 5月18日



2017年5月19日(金)

本日、衆院の委員会で自・公・維新により共謀罪が強行採決されました。


日本が “ 警察国家 ” として再スタートした日として、歴史上ノトーリアスにならないよう、
今後この法案を廃していきましょう。

この国に生まれ、今を生きている人間として、そして後を継ぐ子どもたちのために、ぜひ!


                                              記 : 5月19日



2017年6月28日(水)

以下は少し前の東京新聞、5月31日 「 こちら原発取材班 」 のデータです。


残念ながらと言うべきか当然の帰結と言うべきか、福島第一原発の惨事はチェルノブイリ以上の惨禍として今も継続中です。
( アンダーコントロールなどと言えるレベルには有りません )

しかしその実態を意識している人が福島周辺以外、関東地方、特に東京地域などにどれほどいるのだろうか?とても気になるのですが、少なくない人々が日常の生活の中で忘れているような感覚に囚われています。

上のデータを見ていただければ
現場の現実の一部が見えてきます
 
因みに、汚染環境ではない地域の放射線量は通常0.05μSv程度です。

ご存知だとは思いますが、現政権は年間被曝限度を国際基準の上限1mSvからかけ離れた20mSvでの帰還を強引に推し進めています、とんでもないことだと考えます。
いったい誰が帰還地でのその後の生活者保護 ( 10年は愚か何十年と続いていく ) を補償するというのでしょう。
現に東電も現政権も既に投げ出しかけているではありませんか。

今必要なのは、この国の置かれた厳しい現実を見つめ続け、可能な限り、個々にできる支援などを継続していく事なのではと考えます。

さらに自分を取り巻く現実を、実態を冷静沈着に見つめ、おかしいものはおかしいと言い、正していかなければならないものは正していきましょう。

そうしなければあっという間にとんでもない世界が眼前に広がることとなってしまいます。
とんでもない世界は何としても防がなければならないと思います。
あなたを含めたこの国に住むすべての人々に直接係ることです。
                                             
                                              記 : 6月28日



ページトップへ

ARTICLE TO BE WORRIED ABOUT 31
Copyright IDEAKONA. All Rights Reserved